JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

JBICグリーンボンドフレームワークの策定
グリーンファイナンスを通じた持続可能な環境・社会への貢献

  • 地域: その他
  • その他
2021年10月29日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、今般、「JBICグリーンボンドフレームワーク」(以下「フレームワーク」)を策定しました。
      
  2. フレームワークは、国際資本市場協会(International Capital Market Association 、以下「ICMA」))が掲げる「グリーンボンド原則2021」が定める4つの要件である(1)調達資金の使途、(2)プロジェクトの評価・選定プロセス、(3)調達資金の管理、(4)レポーティング等に関する当行の方針を纏めたものです。
      
  3. フレームワークは、上記「グリーンボンド原則2021」に適合するものとして認められ、第三者評価機関であるSustainalytics Japan Inc.(サステイナリティクス社)より、2021年10月28日付にてセカンド・パーティ・オピニオン*1を取得しています。
      
  4. JBICは、2021年6月に公表した第4期中期経営計画*2において、「国際経済社会の持続可能な発展に向けた地球規模の課題への対処」を重点取組課題に設定しました。かかる課題のもと、グリーンファイナンスを通じて、世界の温室効果ガス削減及び我が国の脱炭素化に向けた新たなエコシステムの形成に貢献することを目指しています。
      
  5. JBICは、今般策定したフレームワークに基づき、グリーンファイナンスに必要な資金を調達することを目的として、今後グリーンボンドを発行する予定です。
      
  6. JBICは今後も日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用し、気候変動問題に関する取り組みを金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    セカンド・パーティ・オピニオンとは、発行体から独立した第三者評価機関が、グリーンボンドフレームワークについて外部基準への適合性等を評価するものです。
  2. *2 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス