JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ベトナム社会主義共和国における木材チップ製造・販売事業に対する資源金融の供与
海外展開支援融資ファシリティの一環として、日本企業による木材チップの安定確保に貢献

  • 地域: アジア
  • 資源
  • 投資金融

2015年3月30日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、本日、双日株式会社(以下「双日」)との間で、融資金額798千米ドル限度及び同51百万円限度(いずれもJBIC分)の貸付契約にそれぞれ調印しました。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行との協調融資によるもので、JBICの「海外展開支援融資ファシリティ」*1の下での資源・エネルギーの確保・開発の促進案件であり、協調融資総額は約2,147千米ドル相当です。
     
  2. 本件は、双日及びベトナム社会主義共和国(以下「ベトナム」)側出資者*2との合弁会社であるVietnam-Japan Chip Corporation LTD(以下「VIJACHIP」)が実施する木材チップの製造・販売事業に必要な資金を双日に融資するもので、工場の建設に充てられるものです。2016年以降、VIJACHIPは年間約19万BDトン*3の木材チップを製造予定であり、製造された木材チップは全量双日に引き取られ、製紙原料として主に日本向けに販売される予定です。
     
  3. 日本は、製紙原料としての木材チップ需要の過半をベトナムなどの海外からの調達で賄っていますが、ベトナム産木材チップ需給は、隣接する中国の経済成長に伴う紙生産量の拡大を受けて、中長期的に逼迫することが見込まれています。本プロジェクトは、地理的に日本に近いベトナムからの木材チップ供給源となるものであり、木材チップ安定確保に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業による重要資源の開発・取得の促進を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2014年7月1日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 ベトナム農業農村開発省やベトナム地方政府が出資する企業等。
  3. *3 Bone Dry(絶乾重量) ton。水分を含まない状態での重量。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス