JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

インドネシア共和国ジャワ1Gas-to-Powerプロジェクトに対するプロジェクトファイナンス
質高インフラ環境成長ファシリティのフラッグシップ案件としてアジア初となるGas-to-Power事業向けプロジェクトファイナンスによる日本企業の参画を支援

  • 地域: アジア
  • インフラ
  • 環境
  • プロジェクトファイナンス
  • 投資金融
2018年10月22日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、18日、「質高インフラ環境成長ファシリティ」(以下「QI-ESG」*1)の一環として、丸紅株式会社、双日株式会社、インドネシア共和国(以下「インドネシア」)国営石油会社PT. Pertamina (Persero)(以下「プルタミナ」)が出資するインドネシア法人PT Jawa Satu Power(以下「JSP」)及び丸紅株式会社、双日株式会社、株式会社商船三井、プルタミナ他が出資するインドネシア法人PT Jawa Satu Regas(以下「JSR」)との間で、同国ジャワ1Gas-to-Powerプロジェクトを対象として、融資金額約604百万米ドル(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス *2による貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行等との協調融資です。民間金融機関の融資部分に対しては株式会社日本貿易保険(NEXI)による保険が付保されます。協調融資総額は約1,312百万米ドルです。
      
  2. 本プロジェクトは、インドネシア西ジャワ州において発電施設とガス関連施設を一体として開発する、いわゆるGas-to-Powerプロジェクトです。具体的には、JSPが発電容量1,760MWのガス焚き複合火力発電所を建設・所有・操業すると共に、JSRが洋上で発電用燃料となる液化天然ガス(以下「LNG」)を貯蔵・再ガス化するための浮体式貯蔵気化設備(Floating Storage and Regasification Unit、以下「FSRU」)を建造・所有・運営し、25年間に亘りインドネシア国営電力公社(PT PLN(Persero))に対して売電する計画です。
      
  3. 日本政府は、2018年6月に改訂した「インフラシステム輸出戦略」において、インフラの設計・建設・運営・管理を含むシステムの受注や現地での「事業投資」の拡大の推進を表明しています。加えて、2017年10月に発表した「海外展開戦略(電力)」においても、日本企業が実施する海外発電事業を政策の重点分野と位置付け、JBICのファイナンス支援の効果的活用等による支援を行う旨を表明しています。本融資はこれらの政府の施策に合致するものであり、日本企業が出資者として事業参画し、長期に亘り運営・管理に携わる海外インフラ事業を金融面から支援することで、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
      
  4. また、本融資の対象となるGas-to-Powerプロジェクトは、第36回経協インフラ戦略会議(2018年4月10日開催)において、我が国の取り組むべき海外プロジェクトの一つとされています。日本政府はアジアにおけるLNG利用拡大の支援を表明しており、日本企業がLNGの貯蔵・再ガス化に関与する本プロジェクトはこうした日本政府の施策に合致するものです。本件は、Gas-to-Power事業向けのプロジェクトファイナンス案件としてはアジア初であり、JBICとしても初の融資となります。
      
  5. JBICは2018年7月1日にQI-ESGを創設しました。このファシリティは、再生可能エネルギー分野も含め、地球環境保全目的に資するインフラ整備を幅広く支援することを目的としております。本融資はQI-ESGの下で地球環境保全目的に資するインフラ整備を支援するフラッグシップ案件であり、アジア初*3の案件となります。
      
  6. 加えて、本プロジェクトは、米国General Electric Company社製のガスタービン等を採用しており、2018年4月23日に開催された第2回日米第三国インフラ協力官民ラウンドテーブルにおいても、日米インフラ協力案件の一つとして発表されています。
      
  7. インドネシアでは安定した経済成長により電力需要が増大している状況も踏まえ、同国政府は今後10年間で56GWの追加電源開発を行う計画であり、本プロジェクトも同計画に含まれております。ガス火力発電については、電力安定供給のためのミドル電源として重要視しており、総電源に占める割合は20%超を維持する方針であり、本プロジェクトはこうしたインドネシア政府の電力政策に適うものです。
      
  8. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、民間金融機関等とも連携しながら日本企業による海外インフラ事業展開を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    2018年6月28日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 
    プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュフローに限定する融資スキームです。
  3. *3 
    その他にQI-ESGの下で実現した案件については、2018年10月22日付プレスリリースをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス