JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

2018年度 国際協力銀行業務実績

  • 地域: その他
  • その他
2019年6月6日

株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、本日、JBICの2018年度業務実績を以下のとおり公表しました。なお、地域別や金融目的別の実績、過去5年間の推移などについては、別添資料をご参照下さい。

Ⅰ. 出融資・保証業務

 ■2018年度のJBICの出融資・保証承諾額は、前年度比43.9%増の約1兆7,171億円となりました。2018年度の主な取り組みはこちらをご覧ください。
 ■ 2019年3月末時点の残高は、出融資残高が約14兆173億円、保証残高は約2兆4,933億円、合計約16兆5,106億円となりました。

Ⅱ. 業務上の主な取り組み

1.日本にとって重要な資源の海外における開発及び取得の促進への取り組み

資源の多くを海外輸入に頼る日本にとって、自主開発比率向上による中長期的な資源エネルギーの安定確保・開発を進めていくことは重要な課題です。JBICは、資源の上流権益の獲得、調達先の分散化、燃料バリューチェーン強化、資源国との関係強化等を通じて、資源の長期安定的な確保に金融面から貢献しています。2018年度においては、資源分野での取り組みとして、計8件、総額約2,510億円の出融資・保証承諾を実施しました。
具体例として、JBICは、日本企業がアラブ首長国連邦アブダビ首長国における海上油田の権益を取得するために必要な資金を融資しました。また、自動車排ガス浄化用・工業用触媒等の原料として使用されるジルコニウム化合物の原料をベトナムにおいて製造し、日本へ輸出する事業を出資により支援しました。

2.日本の産業の国際競争力の維持及び向上への取り組み

日本の産業界において、国内需要の減少等を踏まえ海外に収益機会を求める動きが増す中、JBICは様々な金融手法を活用しながら、日本企業による海外市場獲得戦略・サプライチェーンの維持・強化等の支援に取り組み、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献しています。この分野における2018年度の出融資・保証承諾は、計105件、総額約1兆4,443億円となりました。
 
 (1)日本企業の戦略的な海外事業活動を支援 
①日本企業の海外投資を支援
株式会社JBIC IG Partners*1が組成する北欧・バルト地域のIT先端企業向け投資を目的とするファンドへの出資を日本企業と共に行いました。また、日本企業の海外M&A支援のため、日本企業によるアイルランドの製薬企業の買収資金融資等を行いました。

②日本企業の輸出を支援
日本企業によるアンゴラ向け港湾セクター関連機器・役務の輸出を支援したほか、同じく日本企業によるウズベキスタンの基幹通信ネットワークシステム関連機器の輸出を支援しました。また、特別業務*2としてインフラ関連設備等のアルゼンチン向け輸出を支援するため、アルゼンチン国立銀行向けに輸出クレジットラインを設定しました。
 
(2)中堅・中小企業の海外事業展開を支援
JBICは、日本の中堅・中小企業の海外事業展開支援を目的として、カンボジア及びベトナムにおける腕時計等の販売・修理事業やタイにおける国際貨物運送事業に対して、日本の地方銀行や信用金庫等との協調により、計66件、総額約102億円の出融資承諾を行いました。また、地域金融機関やその他関係機関と連携し、中堅・中小企業の海外事業展開支援に資する情報発信やマッチングイベント等を多数行いました。

3.環境関連分野での取り組み

地球環境保全業務(GREEN)*3においては、中米諸国におけるスマートエナジー事業の支援を目的として中米経済統合銀行と、ブラジルにおける再生可能エネルギー事業の支援を目的としてブラジル国立経済社会開発銀行と、それぞれクレジットラインを設定しました。この分野における2018年度の出融資・保証承諾は計4件、総額約218億円となりました。
また、JBICは2018年7月に「質高インフラ環境成長ファシリティ」(QI-ESG)*4を創設しました。このファシリティは、再生可能エネルギー分野を含め、地球環境保全目的に資するインフラ整備を幅広く支援することを目的としております。JBICは、当ファシリティの下、日本企業が出資参画する英国洋上風力発電事業をプロジェクトファイナンス*5により支援した他、スウェーデンの廃棄物処理事業等を支援しました。

4.その他の取り組み

現地通貨建て*6融資の取り組みとして、自動車部品の製造・販売事業をメキシコ・ペソ建てやタイ・バーツ建て融資で支援したほか、廃棄物処理事業をスウェーデン・クローナ建て融資で支援するなど、計19件、約1,227億円相当の現地通貨建て融資承諾を行いました。

 

〔別 添〕
1.  出融資・保証総括表
2.  地域別・金融目的別承諾額
3.  国際協力銀行業務概況(過去5年間の推移)

注釈
  1. *1 
    2017年6月に設立されたJBICと経営共創基盤との合弁会社で、海外向け投資ファンドに対する助言を行うことを目的としています。
  2. *2 
    2016年10月3日付お知らせをご参照ください。
  3. *3 
    2010年4月1日付お知らせをご参照下さい。
  4. *4 
    2018年6月28日付お知らせをご参照下さい。
  5. *5 
    プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュフローに限定する融資スキームです。
  6. *6 
     円、米ドル、ユーロ以外の通貨。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス